×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

→住宅ローンの賢い借り方・返し方のトップページへ

住宅ローンの賢い借り方・返し方
〜借入後 繰り上げ返済〜
 
繰り上げ返済

繰り上げ返済とは、住宅ローンの返済期間中に、 残高の一部またはすべてを一括で返済することを言います。
元利均等返済においては、返済当初は元金がなかなか減っていきません。 しかし、こんな時こそ繰り上げ返済が有効!!
繰上げ返済分は借入元金に充当されるので、その分の利息をカットすることが できるのです。

期間短縮型

毎回支払う元金を先取りして繰り上げることで、返済回数を減らし、返済期間を 短くするというものです。
期間が短縮される分の利息も減るため、 月々の返済額を減らすよりも、総返済額は少なくなります。

返済額軽減型

返済期間を据え置いて、繰上げ返済後の月々の返済額を軽減するというもの。
期間短縮型に比べると、軽減される利息総額は少なくなります。

繰上げ返済のポイント

@返済開始後、早い段階で繰上げ返済をする 繰上げ返済した金額は、原則としてすべて「元金」の返済にあてられます。
返済を開始した当初は、毎回返済額に占める利息の割り合いが多いので、 早い時期に行えば、少ない元金返済で多くの利息を解消することができるのです。

A金利の高いローンを優先する
金利が高ければ、それだけかかってくる利息も多くなるので、 複数の住宅ローンを利用している場合は、金利の高いローンを優先的に返しましょう。

繰上げ返済と住宅ローン控除

繰上げ返済の額によっては年末の住宅ローン控除額が少なくなったり、 打ち切りになることもあります。
とはいっても、100万円の繰上げ返済を行っても減少する控除額は単純計算で年間1万円。 それに対して、繰上げ返済によってローンの利息の軽減効果は何十倍なので、 繰上げ返済する資金があるなら、早めに実行した方が有利といえます。

繰上げ返済の手数料

公庫融資の場合・・・期間短縮型で3150円
            返済額軽減型で5250円
            全額繰上げ返済なら無料

銀行ローンの場合・・・3150円〜5250円程度
             固定期間選択型の場合、3万円〜5万円程度

SBIモーゲージの場合・・・無料




←前のページへ 次のページへ→


→住宅ローンの賢い借り方・返し方トップページへ


資金計画

返済負担を軽くする
金利

借入後







住宅ローンの賢い借り方・返し方 はじめに 最初にかかるお金 いくらまで借りられるか 金利 金利のタイプ 返済期間 返済方法 繰り上げ返済 借り換え キレイになりたい 筋肉をつけよう 美肌になろう 食事を考えよう プロテインの種類 プロテインの摂取方法 水分補給 1食置き換え型ダイエット ニキビについて シワ、たるみについて 正しいダイエット方法 ニキビ対策 シワ対策 たるみ対策 シミ対策 くすみ対策 毛穴の黒ずみ対策 便秘対策 目の下のクマ対策 青汁 ダイエットクッキー ダイエットシェイク マクロビオティック ヨガ アンチエイジング マッサージクリーム UVカット 岩盤浴 イオン導入器 トライアルセット 美味しいものが食べたい 西三河厳選グルメ 西三河くちコミグルメ 全国厳選グルメ 全国くちコミグルメ お取り寄せグルメ 情報提供者様ブログ一覧 キレイになりたい(ブログ) 西三河グルメ〜今日のごはん何にしよ♪〜 HP作成日記 オススメ本 家計に優しいお得な情報 お取り寄せ生活♪ はじめての妊娠日記 妊婦ママ応援サイト 西三河 de ランチ 西三河 de モーニング