×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

→住宅ローンの賢い借り方・返し方のトップページへ

住宅ローンの賢い借り方・返し方
〜返済負担を軽くする 金利のタイプ〜
 
金利のタイプ

表示されている金利が低くても、返済途中で高くなってしまう場合もあるのでご注意を。 目先の金利の高低だけに惑わされず、その金利がどのような仕組みになっているのかを しっかり把握しておくことが必要です。

金利のタイプには大きく分けて固定金利型と変動金利型の2種類があります。

固定金利型

借り入れ当初の金利が、返済が終わるまで変わらないというもの。
公庫融資や、フラット35などがこれに当たる。
10年後、20年後と、先々の返済額が事前に分かっているので、計画的な資金計画が 立てられるというメリットがあります。
変動金利に比べると、金利がやや高めに設定されています。

金利水準の低い、今の時期は固定金利がオススメ
金利の高い時期には不向きかもしれません。

変動金利型

返済途中でも金融情勢の変化に伴って金利が変わるというもの。
そのため、当初は低い金利で借り入れていても、高くなってしまうこともあるし、 低くなる場合もあります。
金利が変われば当然、借入金にかかってくる利息も増減するので、月々の返済額も 増えたり減ったりし、不安材料に・・・

金利水準が高い時期に住宅を購入した場合は、返済負担がどんどん軽くなっていくので 好都合ですが、金利の低い今の時期には向きません。

また、変動金利型は、金利が変わったからといっても、即座に月々の返済額は変わらない 仕組みが導入されているケースが多いです。
通常は、5年間に一度返済額を見直し、その間に生じた金利変動による利息の過不足は 次の5年間で調整することになります。更に次の5年間に返済額が増えてしまう場合は、 前5年間の返済額の25%までを上限とし、これを超える分については更に次の5年間に 調整することになります。

固定期間選択型

一定期間だけ金利を固定する。
固定期間が終わるとその時点の金利が適用される。
固定期間は2年〜5年の短期から20年〜35年といった長期まで自由に選べる。
借入当初の金利は短期のほうが低いが、期間終了後の金利に応じて返済額も変わるため、 金利上昇時のリスクが大きい。

選び方

短期間のうちに買い換える予定のある人や、短い返済期間で返すという人は、 目先の金利の低さに注目して1年〜3年ものの変動金利を選ぶと良い。

長期返済を目指す人は、他のローンに比べると多少金利は高くなりますが、 将来を見通して全期間固定金利のものや、長期間固定されているタイプを選ぶのが 良いです。

過去10年ほどの金利の推移を見ると、現状の2〜3%台の金利は、極めて低いと 言えます。
金利は、短期間で大きく引き下がることもあれば、大きく引き上がることもあります。 この点を十分考慮して、金利タイプを選ぶようにしてください。




←前のページへ 次のページへ→


→住宅ローンの賢い借り方・返し方トップページへ


資金計画

返済負担を軽くする
金利

借入後







住宅ローンの賢い借り方・返し方 はじめに 最初にかかるお金 いくらまで借りられるか 金利 金利のタイプ 返済期間 返済方法 繰り上げ返済 借り換え キレイになりたい 筋肉をつけよう 美肌になろう 食事を考えよう プロテインの種類 プロテインの摂取方法 水分補給 1食置き換え型ダイエット ニキビについて シワ、たるみについて 正しいダイエット方法 ニキビ対策 シワ対策 たるみ対策 シミ対策 くすみ対策 毛穴の黒ずみ対策 便秘対策 目の下のクマ対策 青汁 ダイエットクッキー ダイエットシェイク マクロビオティック ヨガ アンチエイジング マッサージクリーム UVカット 岩盤浴 イオン導入器 トライアルセット 美味しいものが食べたい 西三河厳選グルメ 西三河くちコミグルメ 全国厳選グルメ 全国くちコミグルメ お取り寄せグルメ 情報提供者様ブログ一覧 キレイになりたい(ブログ) 西三河グルメ〜今日のごはん何にしよ♪〜 HP作成日記 オススメ本 家計に優しいお得な情報 お取り寄せ生活♪ はじめての妊娠日記 妊婦ママ応援サイト 西三河 de ランチ 西三河 de モーニング